身近な材料で換気扇掃除!

おそらく、掃除したくないランキングの上位に位置する換気扇ですが、毎日使っているとどうしても汚れが目についてしまいますね。しかも高い場所にあり頑固な油汚れときたら、なかなか手を付けづらいものです。

今回はなるべく簡単に、身近な材料で綺麗にする二種類の方法をご紹介します。

✤✤重曹を使って換気扇を綺麗にしましょう✤✤

重曹は弱アルカリ性のため、酸性である油汚れを中和させてくれます。重曹ペーストでパックして換気扇を綺麗にできます。重曹と水が2:1になるように量を調整して混ぜると重曹ペーストができます。これを換気扇にまんべんなく塗り、乾燥しないようにラップかビニール袋で覆います。30分~40分ほど置いたら水でよく流してください。※お肌が弱い方はゴム手袋を着用して下さい

✤✤セスキ炭酸ソーダを使って換気扇を綺麗にしましょう✤✤

水に混ぜてスプレーボトルに入れて使ったり、浸け置きに使います。浸け置きの場合、50~60度のお湯10ℓに対して大さじ3杯のセスキ炭酸ソーダを混ぜます。スプレーに入れる場合は水500㎖に小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを入れてください。汚れた部分にセスキ炭酸ソーダ水をかけて30分~40分ほど置いて洗い流します。油汚れを中和させて汚れを落としやすくしてくれます。

※セスキ炭酸ソーダは重曹よりもアルカリ性が強いので肌を傷めないように必ずゴム手袋を着用して下さい。又換気扇は家電製品です。お掃除前に必ず取り扱い説明書の内容をしっかりご確認ください。